スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

英国紳士らぶ! 


俺は紳士が好きだ!
英国紳士が好きだ!
老眼鏡紳士が大好物だ!

うっかりしてましたが4日に
The King's Singersのコンサートに行ってきました
ちゃんとクラシックも聞きに行ってるんですよwww

彼らはアカペラの男性ヴォーカルグループ
David Hurley(カウンターテナー)
Timothy Wayne-Wright(カウンターテナー)
Paul Phoenix(テナー)
Philip Lawson(バリトン)
Christopher Gabbitas(バリトン)
Stephen Connolly(バス)
の以上6人

プログラム前半はアイルランド民謡とかスコットランド民謡とかベーシックな雰囲気で実力を聞かせる
後半はクラシックメドレーとかビートルズとかポピュラーな雰囲気で音楽(アカペラ)を楽しむ

バルコニー席ってこともあって客席の高い位置から全体を眺める感じだった
マイクなしでも各パートがしっかり役割を果たしていて、歌っていうより楽器だあれは
パフォーマンスもさり気なくて、紳士臭漂うウィットなところが更に良かった

そして、
画像の彼(Philip)に夢中な俺´`*

だって!ヤバいよ!?
リアル老眼鏡紳士だよ!?
※画像ではノー眼鏡
男声ってだけで無条件に癒やされるのに
さらに英国紳士!
かぶせて老眼鏡!

実はロビーでCD販売されてて
そこで買うと公演後にサインしてもらえるって言うじゃないか!
ママに買って頂いてしまいました★

でサイン列で並んでたら
Philipと目が合って「Hello. Girl」って声かけられた!
まだ2曲折目だのに!
ずきゅんだよ、萌じゃないよ、禿でもないよ
もう吐血するかと思ったんだから!
※一応、手をひらひらさせて返しました

順番がきて、全メンバーにサインもらって
ラストのPhilipに、アンコールで歌ってくれた「ふるさと(日本語)」が最高に感動した旨をつたない英語で伝えた
※この「ふるさと」はPhilipがずっとリードで、アレンジはアイルランド民謡風だったから日本のふるさと風景はなかったけど、ああいう和音のふるさとも最高だった

そしたら彼は「この曲はとても美しい、どのCDにも収録してないんだ、またここに来たら歌うよ」って!(*´∀`)

し、死ぬ!(*´∀`)(*´∀`)

画像ではノー眼鏡だけど実物はやばい素敵な老眼鏡紳士でした

また是非とも見に行きたい!

老眼鏡紳士最高!

アカペラ最高!

男声最高!
スポンサーサイト

[2010/07/08 23:03] all title | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。